ロレックスのメンテナンスについて

精密機械だということを認識した上でていねいに扱うことが重要ですが、それでも何の手入れもなければやがて不具合が生じてきます。

日常的に行うメンテナンスはそこまで難しくありませんし、使う道具も身の回りにあるものでも十分です。まず、腕時計を一日中腕につけていると汗や皮脂などで汚れていきますので、これをきちんと毎日拭くようにしておけば、その美しさを保つことができます。また、いくら素材がゴールドだったとしても、そしてステンレスだったとしても汗や油は金属にはいい影響を与えることはありません。夏場は何度でも拭き取るくらいでもいいでしょう。ただし、タオル地は繊維がケースの突起部に引っかかりやすいので、なるべくなら避けた方がよいでしょう。また、ベゼル部分と風防の縁は汚れが溜まりやすい場所ですが、ここも柔らかい毛先の歯ブラシを使うと、汚れを落としやすいです。こういった日常行えるメンテナンスはロレックスを長く使い続けられるだけでなく、買取をしてもらう際にも査定にプラスになる可能性が高くなるなどの利点もあります。

ただし、これだけでは十分とは言えません。長期間にわたって愛用し続けたいということであれば何年かに1度、定期的にオーバーホールを行うことが必要となります。オーバーホールとは、専門の業者やメーカーが行う大規模なメンテナンスのことで、一度分解し、使用状況を見ながら必要ならば部品を交換するなどの作業を行い、再び組み立て直すというものです。これを怠っていると、故障したときにはもう手遅れといったケースも考えられますので、しっかりオーバーホールのことも考えながら愛用するようにしたいところです。

●おすすめ➔ロレックスやエルメス・シャネル買取なら買取トップ|貴金属やブランド専門